変化を先導、ビジネスを推進

SpirentのHigh-Speed Ethernet(HSE)の400G、200G、100G、50G、40G、25G、10Gポートフォリオは、現在台頭している費用対効果が高く、高速で高密度なテクノロジーによって、製品やサービスを迅速かつ確実にローンチすることを可能にします。Spirentの先進的な製品およびサービスによって、ネットワークのデプロイと転換を先導します。

HSEパンフレットを見る →

Spirent、中国電信、ファーウェイが400GbEの検証に向けて提携

Spirent、中国電信、ファーウェイが、400GbEの検証に向けて提携します。テストには、Spirent TestCenterを利用した中・長距離技術向けの回線フォワーディング速度、マルチサービス・スタッキング、障害報告などの400GbEポート機能の検証が含まれます。

 

PAM4:HSE Serdes向けの新しい変調標準

2017年の初めごろ、Spirentは初の200G専用のテストシステムをローンチしました。このシステムは、4x50GbE PAM4技術をベースにしています。Spirentのどのサービス提供ツールにおいても、PAM4の専門知識はPHY-to-MACのエミュレーションのために長期に渡って重要であり続けるでしょう。従来のEthernetは Carrier Ethernetの試験を行い、将来的なIEEE標準の設定に備えます。PAM4について、詳しくは白書をご覧ください。

白書をダウンロード →

イーサネット向けFEC:柔軟性を実現するための新たな方法

ディベロッパーは専用のFECで実験することができる一方で、「エクステンダ・サブレイヤー」またはCDXSの場所のため、イーサネット標準で互換性を保ち、ECC(error-correcting code)でハードウェアデザイナーに実験における自由を提供します。FECについての詳細およびSpirentの400/200/100/50GbEクアッド・スピード試験モジュールがどのようにして業界一となったのか、そして必須のFEC/PCSのIEEE要求を満たすべくどのように設計されてきたのかをご紹介します。

ホワイトペーパーをダウンロード →

業界最高密度の100G試験

データセンター・コアスイッチH3C S12516X-AFのSpirent TestCenterによる試験は、世界最高記録を樹立しました。768 100Gイーサネット・インターフェースにより、スイッチ単体向けの最高帯域幅のキャパシティを実証しました。

 

さらに詳しく →

プレスリリース

業界最高密度
100Gテスト

H3C 768-port test

Spirentは、業界最高密度の100Gデータセンター・スイッチテストにおけるNew H3Cをサポートしています。これは、業界における重要なベンチマークであり、急激な成長と巨大なデータセンターの強調が体験できます。


プレスリリースを読む →

世界初の200Gイーサネット試験

Spirentは世界初の200G Ethernetテストモジュールを発表します。モバイル機器、高速データセンターサーバー、インターネット対応のエンタメ、クラウドコンピューティング、ソーシャルメディアの急増に対応します。

プレスリリースを読む →

400Gテストソリューションが表彰

当社の400Gイーサネットテストモジュールは、2015年のInterop TokyoでBest of Show Awardグランプリを受賞しています。会場では、Spirentとファーウェイが、東陽テクニカの協力の下で、業界初の400Gbイーサネット実装の公共の場での相互接続性のデモンストレーションを行いました。

プレスリリースを読む →

200Gテストソリューション

Spirentの高速イーサネットテストソリューションは、あなたの100G、200G、400Gネットワークがユーザーの期待に沿って稼働することを保証します。アプリケーションとより広い帯域幅の要求は、より大規模なハイパースケール・データセンター、企業およびクラウドサービス・プロバイダー拠点の需要を高め続けます。

データシートを見る →

400Gテストソリューション

Spirentの400GbEプラットフォームは、IEEEおよびMSA標準の進化に合わせ、それらに対応したデザインを行っています。Spirentは、お客様の現在および将来の投資を守るため、これらの標準の要求を遵守することに注力しています。

さらに詳しく →

モジュール製品ラインナップ

dX3—データ密度

dX3 module

業界最高密度を誇る400/200GbEおよびクイントスピード100/50/40/25/10Gイーサネット性能試験用モジュール。これらのモジュールは、試験予算内で最高スケールのクラウドデータセンター構造を検証できるように設計されています。

fX3—柔軟な機能

fX3 module

これらのオプションのセブン・スピード100/50/40/25/10Gイーサネット試験モジュールには、16/32Gファイバーチャネルへのサポートが含まれています。ポート密度、広範な機能群、強力なエミュレーション性能を融合しており、サービスプロバイダー、クラウドデータセンターや大企業の次世代型インフラの試験に最適です。

mX3—マルチプロトコル性能

mX3 module

高性能クイントスピード100/50/40/25/10Gイーサネット・エミュレーション・プラットフォームです。複数のプロトコルを横断したハイスケールを同時に保証します。コアネットワークおよび集中的なマルチプレイデバイス・サービスに向け、全都市をリアルにエミュレートできるよう設計されています。

エミュレーション、タイミング、シンクロソリューション

Spirent
Attero-100G

Attero 100G Chassis

伝達、ルーティング、スイッチング、バッファリングの遅れを最大256 ms(100 Gb/s)または640 ms(40 Gb/s)でエミュレートする高速ネットワークエミュレーターです。


データシートを見る →

Spirent
Paragon-100G

Paragon 100G chassis

業界初の100G SyncEテストソリューションです。G.8262(SyncE)およびIEEE 1588(PTP)標準に沿った周波数測定と位相同期に使用されます。40GbEおよび100GbEの速度における試験をサポートします。

データシートを見る →
Please assign a data source for this component.

25GbEの需要を後押しするものとは?

25GbE速度の採用を急速に後押しするものは何でしょうか?Spirentは、広範な試験経験と、モジュールおよびデバイスの完全なポートフォリオにより、最先端の技術イノベーションを提供し、25GbE試験の需要にお応えします。

eBookを読む →

あなたのビジネスに合う製品をお探しですか?

お問い合わせ →