Wi-Fi 6に向けた802.11 WLAN APとデバイスの試験

Spirent TestCenterは、アクセスポイント(AP)と最新の802.11ax (Wi-Fi 6)対応のユーザーデバイスの機能と性能の直接試験において、最高性能および最も現実的なIEEE 802.11ワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)マルチクライアントエミュレーションに対応しています。

特徴およびメリット

N4U/N11Uシャーシに対応
Spirentのシャーシ内蔵イーサネット試験モジュールおよびWLAN試験モジュールを組合せ、トラフィック生成と解析に加えてハードウェア構成のカスタマイズが可能な、現実に即したWLANクライアントを大規模にエミュレートできます。
C1/C50アプライアンスに対応
複数のチップセットベンダーに基づくWLAN AP製品との相互運用性を保ちます。WLANとイーサネットクライアント間、およびWLAN APを用いるWLANクライアント間にてクラス最高の現実に即したトラフィック生成と解析を実現し、各フローはレイヤー2~7にてステートフルトラフィックを提供します。
デバイス試験用にAPエミュレーションに対応
レガシーのIEEE 802.11 a/b/g/nから最新のIEEE 802.11ac Wave-2規格に至るまでサポートする、現実に即した802.11 a/b/g/n/ac WLANインターフェースを備えた複数のアクセスポイント(AP)をエミュレート可能な複数のSpirent TestCenter WLANプラットフォームがご利用いただけます。
使いやすさ
使いやすさ Spirent TestCenterを使用し、トラフィック生成と解析機能を備えた、大規模な現実に即したWLANクライアントをエミュレートして性能試験を実施できます。試験の機能、性能、拡張性を保証するクラス最高のトラフィック生成および解析機能を備えます。
802.11ax (Wi-Fi 6) 対応
  • 最新のIEEE 802.11ax規格に対応
  • 最大8x8までの各種チャンネル帯域とMMIO構成に対応
  • 最新の802.11ax機能 (MCS10/11、OFDMA、MU-MIMOなど)に対応
  • DFS試験、帯域ステアリング、AP間ローミング、エアタイムフェアネスなどの先進機能に対応

Wi-Fi 6の開発と導入を加速

Spirentは世界初の完全統合された802.11axと2.5/5Gbpsイーサネット試験ソリューションを提供し、Wi-Fi 6技術の開発と導入を加速します。

プレスリリースを読む →

Spirent TestCenter WLANを使用して802.11ac Wave-2 MU-MIMOを試験する方法

ラボ環境にてWave 2機能を試験し、Spirent TestCenter WLANソリューションを使用する方法を学べます。マルチユーザー多入力多出力(MU-MIMO)と呼ばれる機能に焦点を当てた、新たなWave 2提供内容にてアクセスポイント(AP)を試験する方法を学べます。白書をダウンロードして詳細をご覧ください。

詳細を見る →

Spirent TestCenter WLANを使用してマルチAP性能試験を実施

本ソリューション概要は、信頼性の高いAP間Wi-Fi RF接続、最大スループット、帯域ステアリング、クライアントステアリングといった機能に焦点を当て、Spirent TestCenterを使用したマルチAPシステムにおけるスループット性能の試験方法を解説します。マルチAPネットワーキング技術や設計を理解するための基本的な情報から始まり、本白書は各種のマルチAPネットワーキング構成にてスループットの性能ゲインを検証するためのテストベッドをセットアップする方法を解説します。

ソリューション概要をダウンロードする →

Wireless LAN

Spirent C1 Wi-Fi

Spirent C1 WiFi

C1 Wi-FiはC1の機能を拡張し、マルチクライアント エミューレーションを伴うWi-Fi性能と機能の試験を 網羅します。これにより、イーサネットネットワーキングと Wi-Fi両方で、設備投資をよりスマートに 最適化して行うことができます。

データシートを見る →

Spirent C50 Wi-Fi 802.11ac Wave-2対応

C50 Wi-Fiは、コンパクトな3U アプライアンスのフォームファクタに
レイヤー2–7とWi-Fiの両方で 802.11ac Wave-2を含む試験を実現し、
最高の投資対効果を発揮します。

データシートを見る →

Spirent C50 Wi-Fi
802.11ac Wave-2およびDFS対応

このバージョンのC50 Wi-Fiは、802.11ac Wave-2試験を完全に動的周波数選択(DFS)レーダー信号エミュレーションに統合し、コンパクトな3Uのフォームファクタに収めています。

データシートを見る →

デバイス試験用
WLAN APエミュレーション

レガシーのIEEE 802.11/b/g/nから最新のIEEE 802.11ac Wave-2規格に 至るまでサポートする、現実に即した802.11 a/b/g/n/ac WLAN インターフェースを備えたアクセスポイントをエミュレート可能な Spirent TestCenter WLANプラットフォームがご利用いただけます。

データシートを見る →

Spirent C50 Wi-Fi 802.11ax WLAN and DFS Support

最新バージョンのC50 Wi-Fiは、802.11ax WLAN試験を完全にレーダー信号エミュレーションに統合してDFSに対応し、コンパクトな3Uのフォームファクタに収めています。

データシートを見る →

FX2 802.11 a/b/g/n/ac
試験モジュール

2.4GHzまたは5GHz周波数にて802.11 a/b/g/n/acに対応する マルチクライアントエミュレーション機能を備えた、 2ポート搭載のWi-Fi試験モジュールです

データシートを見る →

FX2 802.11 ac Wave-2
試験モジュール

802.11 a/b/g/n/acマルチクライアントエミュレーションと試験に対応する、 2ポート搭載のWi-Fi試験モジュールです


データシートを見る →

MX2 802.11 a/b/g/n/ac Wave-2 試験モジュール

動的周波数選択(DFS)レーダー信号エミュレーションが可能な、 802.11 a/b/g/n/ac Wave-2試験に対応する 2ポート搭載のWi-Fi試験モジュール

データシートを見る →

MX2 802.11AX WLAN TEST MODULE

レーダー信号エミュレーションとDFSに対応した、802.11 a/b/g/n/ac/ax WLAN試験に対応する2ポート搭載のWi-Fi試験モジュール

データシートを見る →

802.11AC Wave-2の検証

IEEE 802.11ac Wave 2製品に投資した関係者の方々は、Wave 2機能強化の内容解説と、Wave 2による性能強化の実証を強く求めています。通信業者またはエンタープライズ用のコントローラー搭載薄型AP、消費者向けAP、統合型ブロードバンドWANゲートウェイを含む、WLANネットワークインフラデバイスの試験用に設計されたSpirent TestCenter WLANソリューションは、SU-MIMOまたはMU-MIMOのいずれにおいても最高に現実に即したクライアントエミュレーションを伴う試験の機能、性能、拡張性を備えた、クラス最高のトラフィック生成と解析機能を提供します。

Wave2AP client

WAVE2ブログの続きを読む →

Spirent TestCenter

Spirent TestCenterは高性能に加えて決定論的な回答を得られるエンドツーエンドの試験ソリューションです。従来の性能試験から仮想化、クラウドコンピューティング、モバイルバックホール、高速イーサネットの徹底した解析に至るまで扱い、サービス業者、NEM、エンタープライズは安心して自社のネットワークを試験し、測定し、検証してサービスを導入できます。

SPIRENT TESTCENTERの詳細を見る →

Spirentプラットフォーム

予算を超過せずに最高の結果を得るために、試験インフラを最適化しましょう。Spirentが提供する、数世代にわたるネットワーク技術を通じて実証を重ねた、業界をリードするハードウェアとソフトウェアをご覧ください。

プラットフォームの詳細を見る →

あなたのビジネスに合う製品をお探しですか?

お問い合わせ →