仮想ネットワークへの道のり

大手のキャリアはネットワークを最大80%仮想化することを目指していますが、移行には時間がかかります。そのため、の大多数ネットワークは数年にわたって物理要素と仮想要素が混在することになります。Lumosは仮想、物理、ハイブリッドネットワークのサービス開始とトラブルシューティングや性能監視といったワークフローの保証を自動化します。イーサネット、TCP、IPレイヤーのアクティブ試験や在庫管理や問題のチケット発行といったバックオフィスシステムとの統合に支えられ、Lumosのワークフロー自動化はSLA障害の大幅な低減、サービス体験の改善と業務効率の向上を実現します。

新たなサービス開始試験の基準と自動化されたサービス保証

性能を保証するために、イーサネットサービスのサービス品質(QoS)基準を監視する必要があります。サービスを仮想的に試験するための白書をお読みください。

白書をダウンロードする→

オンデマンドのSDNとNFVネットワークにおけるサービス保証

この白書は、ハイブリッドネットワークにおいてオンデマンドサービスを提供するための直近の課題の一部を解説します。特に、こうした課題のサービス保証側面を掘り下げ、SDNとNFVの導入における最先端を切り開く企業との提携に基づいたSpirentの推奨内容とベストプラクティスを紹介します。

サービス開始およびトラブルシューティング

スループット、損失、レイテンシ、ジッタ―といった主要なネットワーク敷設のパラメーターを検証することで、サービスを素早く正確に開始できるようサポートします。Lumosの試験と解析機能を使用すれば、イーサネット、IP、TCPのトラフィックを簡単に監視し、問題を効率よく解決できます。

性能監視

業務用のイーサネットとモバイルバックホールサービスにおけるサービスの可用性と顧客体験を保証するために、Lumosは継続的なSLA監視を提供します。拡張性を実現すべく構築されたLumosの性能監視ソリューションは、あらゆる規模にてサービスプロバイダーに保証を提供するために必要な先を見越した可視性を提供します。

自動化と統合

ネットワークが仮想化されサービスが複雑化するにつれ、サービス開始、トラブルシューティング、SLA監視といった保証活動は、レスポンス性を高めてコストを下げる必要がります。Lumosはサービス保証のワークフローを自動化してOSと統合することでこうした目標を達成します。

Infographic diagram

1/10G

Lumos 7500シリーズの分散イーサネットプローブは、1GbEと10GbEのアクセスポイントにてIPとイーサネットベースのサービスに対する顧客視点の解析内容を示します。

データシートを見る →

100G

Lumos 100Gシリーズの分散イーサネットプローブは、100GbEのアクセスポイントにてIPとイーサネットベースのサービスに対する顧客視点の解析内容を示します。

データシートを見る →

仮想

Lumos 8500vシリーズは、データセンターと次世代NFVネットワークに向けた業界初の仮想分散イーサネットプローブです。

データシートを見る →

オンデマンドウェビナー:
NFVにおけるサービスプロバイダー体験 -
プラス面、マイナス面、落とし穴

今年度、NFVを導入する計画を立てていたオペレーターの多くが、未だに実現できていません。未成熟な技術とNFVを既存フレームワークへ組み込む作業が主要な課題として挙げられます。しかし、NFVを稼働させているオペレーターの大多数は、技術は隔離された領域では十分に導入可能なレベルに達しており、技術導入に関する貴重な体験を得ていると回答しています。このウェビナーは、導入初期から繰返し用いることが可能なプラス体験、学びの機会を得られるマイナス体験、避けるべき落とし穴に焦点を当てます。

ウェビナーを見る →

あなたのビジネスに合う製品をお探しですか?

お問い合わせ →