統合ナビゲーションシステムの精度を確保

高速の信号取得、GPS信号喪失時の精度と機能確保が、DRセンサーを用いたハイブリッドシステムの開発を加速しています。これらを試験するために、DRとGPS信号を整合させて生成する必要があります。SimAUTOは、コンパス、ジャイロ、車輪パルスといったDRセンサーを効果的にエミュレートし、それらをSpirentのGPS/GNSSコンステレーションシミュレーターと正確に同期させ、統合ナビゲーションシステムの完全な試験環境を提供します。

特徴およびメリット

試験のコストと時間を削減
整合されたGPSとDRセンサーのエミュレーションを 通じて素早く総合的なシステム試験が実現し、 市場投入までの時間を短縮します。
繰返し可能な試験
変換ユーティリティを使用して現場でのトライアル中にNMEAデータログをモーションファイルとして取得可能です。その結果、試験所を出ることなく、必要に応じて何度でも同一の行程を再現できます。
フレキシブル
単軸のターンテーブル駆動が提供され、ヘッダーまたはリードレートセンサーの直接シミュレーションが適切であるか優先される場合に実行できるようにします。
SimGEN™との統合
車輪距離、ホイールベース、車輪径、 オドメーターのパルスレートやデッドバンドなどを 設定し、車両の個別ファイルに保存して 将来の利用に備え、同時にSimGEN™を 使用して車両の軌跡を生成できます。

Features

Spirent’s SimAUTO encompasses a wide range of user focused features which put SimAUTO at the forefront of in-vehicle navigation testing software:

  • Simultaneous emulation of multiple DR sensors consistent with GPS satellite RF
  • Heading and wheel count sensor outputs
  • Single-axis rate table drive for stimulation of heading sensors
  • User-defined vehicle geometry
  • Real-time scenario editing
  • Remote operation driven from file (logged data) or vehicle simulator
  • Data streaming output allows modelled vehicle motion to be shared with other applications
  • CAN messages consistent with modelled sensors available to your CAN specification

SimAUTO brochure

Full specifications of the SimAUTO IVNS solution.

Learn the fundamentals of GNSS testing

Get a fast introduction to GNSS simulation, and discover its crucial role in efficient GNSS receiver testing.

Download eBook →

Testing GNSS automotive applications

Discover Spirent’s best-practice advice for testing GNSS applications for automotive and telematics.

Download eBook →

あなたのビジネスに合う製品をお探しですか?

お問い合わせ →