RF干渉を生成、理解、防御

グローバル衛星ナビゲーションシステム(GNSS)のチップセット設計やレシーバーのデバイスへの統合のいずれであれ、RF干渉は測位性能を下げユーザー体感に悪影響を与えます。

様々な種類のGNSS干渉を試験することは製品を成功裏に開発するための必須の事項であり、Spirentはより多くの業務にてそれをご利用いただけるようGSS7725を開発しました。

GSS7725

GSS7725 software screenshots

GSS7725の紹介

SpirentのGSS7725はRF干渉発生の専用機器であり、I/Qファイルを干渉信号へ変換します。

GNSSシミュレーターと組み合わせれば、GSS7725はチップセットやデバイスを多様な異なる干渉環境にて再現可能な条件で試験できます。

他の単独で動作する干渉ジェネレーターと異なり、GSS7725はシームレスにSpirentのGNSSシミュレーター、試験パック、自動化ツールへ統合できます。

各種の干渉モデルを用いた試験

GSS7725ユーザーがRF干渉波形を生成する際に用いるI/Qファイルは、様々なソースから読み込むことができます。以下が挙げられます。

  • Spirentの脆弱性と脅威の試験パックは33の記録済干渉信号を含み、幅広い範囲で実世界の干渉の種類を網羅しています。
  • SpirentのGSS200Dを使用し、PT Cloudにて記録して保存した干渉へアクセスできます。
  • Spirentのプロフェッショナルサービスは必要なI/Qファイルの作成をサポートします。

より素早い試験をお望みですか?GSS7725はSpirentのPT TestBench と連動し、 RF干渉シナリオの自動試験に対応しています。

PT TestBench and Cloud screenshots

Interference
I/Qファイルの干渉信号への変換
GNSSに依存するシステムやデバイスをGNSSの脆弱性に対して正確に繰返し試験し、実際に検出されたイベントやカスタマイズされたRF干渉信号を再生できます。
Plug
プラグアンドプレイ
GSS7725はSpirentのGNSSシミュレーターや試験パックへシームレスに統合するようSpirentの技術者によって設計されており、貴重なセットアップ時間を節約できます。
GUI
手軽に干渉に対して試験
専用のGUIとリモートコマンドインターフェースを備えたGSS7725は、簡単に操作できます。波形や周波数を選び、干渉信号のレベルをリアルタイムに変更できます。
GSS unit icon
オールインワンユニット
GSS7725はGNSSと干渉信号の混合機能を内蔵しており、単一のシステムでGPSとGNSS干渉試験に対応できます。

GSS7725 Overview

An overview of the capabilities and applications of the GSS7725 Interference Generator.

View datasheet →

GPSに対する脅威の基礎

GNSS対応システムに対して増え続ける脅威がデバイスに与える影響と、それにどう対応できるかをご覧いただけます。

WHITE PAPERをダウンロードする→

GNSS試験計画の構築方法

GNSSまたはGPS試験環境を初めて構築する技術者をサポートする目的でまとめられた、必須基本情報のガイドです。

eBOOKをダウンロードする →

あなたのビジネスに合う製品をお探しですか?

お問い合わせ →