新たなグローバル産業規格に向けてデバイス性能を保証

Spirentの8100™モバイルデバイス試験システムは、今日のモバイルデバイスとチップセットに対する自動試験の最適なソリューションです。広範囲のアプリケーションとモデムのレイヤー試験分野、および準拠、認証、オペレーター承認に及ぶ屋内と屋外の位置情報試験シナリオに対応します。オプションベースの柔軟な設計を誇り、必要に応じて試験機能を追加できます。LTE、Wi-Fi、将来の5Gシナリオに向け、フルラックマウントシステム、またはより低コストなデスクトッププラットフォームにて利用できます。

5Gモバイルデバイス開発を加速

Spirentの8100 5Gを使用し、顧客がより素早く5Gへ移行できるようにできます。業界をリードする本ソリューションは、キャリア承認、規格に基づく試験、研究開発に向け、完全に自動化されカスタマイズ可能なターンキーソリューションを提供し、映像、データ、音声、位置情報技術に関するモバイルスマートフォンとIoTデバイスの包括的な性能試験を実現します。

Read the Brochure →

測位と5G

位置情報と測位技術は5Gの発展におけるもっとも刺激的な分野の一例です。こうした新技術が5G対応のデバイスやサービスにおける位置精度を保証できるよう試験し、実証済みの4G測位技術に対する全ての影響を特定することが重要となります。4Gは5G導入の初期段階では重要な役割を果たし続けます。Spirentの白書にて詳細をご覧ください。

白書をダウンロードする→

試験内容

音声と映像の品質

VoLTE、VoWi-Fi、3G、OTT音声に対する、EVAコーデック実装を含む音声と映像の性能

位置精度

アシストGNSS (A-GNSS)位置情報試験はセルラーアシスト型のGPS、GLONASS、BeiDou、Galileo衛星システムを網羅

Wi-Fi、LTE、5G相互運用性

異なるベンダー、バージョン、キャリアにまたがる、デバイスとネットワークの機能、性能、モビリティ試験

準拠とオペレーター承認

規格と振興の準拠に関する必須要求、および厳格なオペレーター独自の性能試験分野に対処

屋内測位

GNSS、Wi-Fi、OTDOA、ECIDのシームレスな統合を試験

常時接続デバイスの性能

5Gスマートフォン、モバイルホットスポット、固定家屋用のワイヤレス機器、IoTデバイスのワイヤレス性能を試験

オーディオ品質

音声品質試験にて業界をリード

強化音声サービス(EVS)コーデックを通じて、サービスプロバイダーはネットワークリソースと通話品質を同時に最適化できます。Spirentの白書を読めば、EVSコーデックとEVS対応デバイスにまつわる特有の課題に対処するための試験についてご理解いただけます。

白書をダウンロードする→

VoLTE試験の解説

VoLTEネットワーク、VoLTE対応モバイルデバイス、新規サービスを市場へ素早く、効率的に導入する際の課題を試験を通じて対処する方法をご覧ください。性能や品質を一切懸念する必要はありません。

Eブックを読む →

位置精度

8100測位技術ソリューション (LTS) は屋内と屋外の試験シナリオの両方に対処し、E911、e112、A-GNSS、OTDOA、Wi-Fi、セルラー測位 (eCIDなど) の試験領域を網羅します。シナリオは導電試験手法と地上波(OTA)試験手法の両方を含みます。

インタラクティブデバイス試験に向けたネットワークのエミュレーション

Wireless Test Station (WTS)はキャリア、チップセット/ハンドセット/OEMデバイスベンダーにおけるLTE、3G、Wi-Fiの複雑な相互運用面の課題に対処する、先進のネットワークエミュレーターです。2台の独立セルと1台のWi-Fiアクセスポイントを内蔵し、試験部門は同製品を用いて複数のデバイスや技術にまたがりエンドツーエンドで性能を評価し、ラボへ包括的な実世界の相互運用性、音声、映像の品質試験を導入できます。

データシートを読む →

あなたのビジネスに合う製品をお探しですか?

お問い合わせ →