Spirentがアストンマーチン・レーシングの高速設定を支援

iTestソリューションにより、世界チャンピオンのモータースポーツチームのリアルタイムでのレースシステム監視が、トラック上でのアクションと同程度に高速に。

2018年11月11日ロンドン‐本日、テスト、計測、保証、次世代デバイスとネットワークの分析ソリューションで世界のリーダーである Spirent Communications plc (LSE:SPT),は、アストンマーチン・レース (AMR)が Test as a Service (TaaS) プラットフォームであるiTestを使用して、象徴的な自動車ブランドによるGTE カテゴリーでの成功への取り組みを支援していると発表しました。

アストンマーチン・レーシングはレース用道路付近で高速のローカルエリアネットワーク(LAN)を展開して、ドライバー、ピットクルーを備えた自動車、ピットレーン上のエンジニア、マネージャーをコネクトし、無線通信や、テレメトリー、ビデオデータを送信します。FIAWECスーパーシーズンには、ドライバーと自動車にとって世界で最も過酷で疲労度の高いテストがいくつか含まれています。これには有名なル・マンなどがありますが、その成功には完璧なネットワーク接続が欠かせません。無線通信で失敗があれば、チームはレースでのポジションを失う事になり、データが失われれば、重要なリアルタイムの調整やコンテストレースの制御を決定する能力が失われます。

アストンマーチン・レーシングは、イベントでのLAN テストと設定のニーズに対処するためにSpirentとの技術提携を結びました。AMRのシニアアナリスト・エンジニアとして、 Alistair Grimshaw は次のように説明しています。「私たちは世界中のレースに赴きます。最近までは、ピットガレージを組み立てる時は常に手動でLANの実行可能性と性能をチェックしなければなりませんでした。これは、大変な時間とリソースを要する仕事でした。iTestを使用すればずっと簡単です。ボタンをクリックしてレポートで完成するのを数分待つだけでいいのです。」

Spirent プロフェッショナルサービスと協働しiTest のプラットフォームを使用することで、レースチームには、正しく構成し、誤ったセグメントや接続、デバイスの交換に向けて実行できる自動化テストが備わります。自動化テストを実施すれば、レース当日のためにすべてが準備済みであるという安心感をチームに与えるだけでなく、テストの生産性が20倍に向上し、チームの有効性も大幅に促進されます。

「従来なら、ネットワークを手動でテストするには、毎回1時間以上もかかっていました。」とAlistairは述べています。「今では、iTestでは、ほんの数分しかかりません。私達には不足しているものは何もないという完璧な自信があります。」

iTestは、Spirentの完全自動化されたTaaSのオーサリングと実行プラットフォームにとって重要なコンポーネントです。これは、トラックサイドのLANからエンタープライズおよびサービスプロバイダーのネットワークに至る幅広い分野での、ネットワークの自動化や有効化のスケールにとって最適です。Using iTestを使用すると、マニュアル試験者やオートメーションの専門家は、自動化した再利用可能なテストを素早く効果的に実施することができます。Spirent Velocityと共に、TaaSのプラットフォームは、開発サイクル中の継続的な試験に力を与えて、ソフトウェアのリリースの提供を大幅に加速し、バグの検出率を向上させて、ソフトウェアの品質を改善することができます。

「iTestはマスターするのが簡単なので、アストンマーチンのレーシングエンジニアは、自身の自動化試験を必要に応じてオーサリングすることができます。」とSpirent のマーケティング・ディレクターの Martin Vickeryは述べています。「さらに、以前はオートメーションの技術がなかった技術者とメカニックが、助けを借りずに必要なテストを実行することができます。」

「AMR の技術提携者として、社内であれガレージのLAN環境であれ、チームが性能の問題を迅速に解決し、チームの成功に貢献する姿を見られることは本当に満足のいくことです。」

11月の上海6時間レースにおいて新車で初の勝利を収めるという画期的な出来事に続き、アストンマーチン・レーシングの成功の追求は2019年まで続きました。同年FIAWEC SuperSeasonは、米国、ベルギー、フランスでのシリーズの最終3ラウンドを無事終了しました。

iTestとSpirentとアストンマーチン・レーシングとの技術提携に関する詳細は、 Spirent AMR のブログをご覧ください。