試験環境を自動化

複雑なリグレッション試験のためにTcl、Perl、Pythonなどでスクリプトを開発する、スクリプトの再利用やプラットフォーム・チームを跨いだポタビリティに重点を置いている、またはプログラミングすることなく反復的な手作業の速度を単純に向上させたい場合、Spirent TestCenterは広範な環境を自動化するための複数の方法を提供します。iTest、Velocity、TTworkbenchなどのSpirent Automation製品をお使いいただくと、Spirent社は各製品の統合も提供します。

REST APIサポート

仮想環境において、ネットワーク管理システムやウェブアプリケーションからSpirent TestCenterを簡単に制御し、言語・OS・基礎ハードウェアから独立して自動化します。

データシートを見る →

High-Level API (HLTAPI) Support

効率性や、チームまたはプラットフォーム間の再利用が重要な、スクリプトを利用するお客さまのため、Spirent TestCenterのスクリプトはHLTAPIで記述することができるようになっています。簡潔で調和のとれたスクリプティング・パラダイムを提供します。Tcl、Perl、Pythonに対応しています。

データシートを見る →

Native APIサポート

システムまたはリグレッション試験のようなより難易度の高い試験アプリに向けて、TestCenterのnative APIはSpirent TestCenterの最大限の力を引き出し、柔軟性を発揮します。C、C#、Java、Perl、Python、Ruby、Tclや複数のOSで使用できます。

データシートを見る →

コマンドシーケンサー自動化

シンプルな自動化タスクのため、Spirent TestCenterのグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)にはパワフルなコマンドシーケンサー機能が含まれています。これにより、お客さまの試験ケースで、ステップのシーケンスを簡単に実施・記録することができます。スクリプトやプログラムの記述は必要ありません。

コマンドシーケンサーについて →

ダイナミック・マルチユーザー環境

Spirent Virtual LabServerは、テストベッドやリグレッション環境の発展にともない、ダイナミックなスケーラビリティーを可能にします。Virtual LabServerの複数のインスタンスの導入により、並列試験の数はダイナミックに増加します。また、複数のユーザーによる同一のライブ試験および設備のデバッギングを許容できることでエンジニアたちがコラボレーションできるようになります。

データシートを見る →

Spirent iTest

Spirent iTestを使うと、あなたのラボのSpirent TestCenterやその他のデバイスを、スクリプトを使うことなく簡単に自動化することができます。

iTestについて →

Spirent Velocity

Spirent Velocityを使うと、ラボのインベントリー、セットスケジュール、そして実行試験をいとも簡単に管理することができます。

Velocityについて →

TTworkbench統合

Spirent TestCenter用TTpluginで、試験コンフィグを作成し、試験ケースを実施し、結果を保存。

TTworkbenchについて →

あなたのビジネスに合う製品をお探しですか?

お問い合わせ →