Spirent iTestは統合された、あらゆるベンダーにて使用可能な試験のオーサリングと実行ソリューションであり、複雑な試験環境が関わる広範囲の試験手法に簡単に対処できるよう設計されています。自動化された試験は、手動で試験を行う担当者や自動化の専門家の両方で素早く生成でき、試験環境全体の生産性を向上させます。

Download data sheet →

Velocity Framework -
業務用に構築

Velocity Frameworkは、構築ベースとして理想的なプラットフォームです。4つの「スマートビルド」(BIS)指標、モジュール式設計、REST APIを採用し、お使いの既存DevOpsツールチェーンへ直接的に統合できます。

白書をダウンロードする→

ウェビナー - iTest 7.1の紹介

市場へ素早く投入して品質を改善する厳しい目標を実現するために、開発者は現在、開発サイクル全体を通じて連続試験を適用しなければならないことを理解しています。これにより時間が節約され、試験範囲と品質を最大限に引き上げられます。しかし、試験部門は今日必須とされるDevOpsのCI/CDプラクティスと歩調を保つために必要な自動化された試験生成の需要を満たすために多大な努力を強いられています。iTestを使用して、御社にて連続試験プロセスを一元化しやすくする方法をご覧ください。

ウェビナーをダウンロードする →

Used For

icon

Test case authoring

Create automation test cases with agnostic support of test tools and devices

icon

Automation platform

Integrated Development Environment (IDE) with SDK for additional customization and integration

icon

Best practices process

Modular building blocks for reuse through parameterization and inheritance

icon

Topology management

Graphical test bed for use as reference topology for test cases

icon

Continuous testing

24/7 testing to maximize test coverage and ROI

icon

Report generation

Record of testing process, data and results

自動化 - ネットワーク試験における飛躍

試験またはラボ自動化の構想採用を検討する際に、企業組織は大きな疑問に直面します。計画されたROIを確保できるだろうか?白書をダウンロードすれば、将来を見据えた企業組織が専門家により提供されたネットワーク試験の自動化ソリューションを採用し、市場における決定的な優位性を得た事例について詳細に理解できます。

Download white paper →

試験自動化の失敗の一般的原因

大多数の企業組織は既に連続統合やアジャイル開発のプロセスを実施しています。SpirentのiTestはこれらを置き換えず、それらと統合するため、投資効果を最大限に保てます。白書をダウンロードすれば、変更管理がうまくいかなかったためソリューションの失敗に終わった事例について詳細に理解できます。

白書をダウンロードする→

最適化された導入モデル

自動化は一度試験し、それをより大規模な範囲で複雑なシナリオにて繰返してシステムの限界を探るだけで済む場合もあります。最適化された導入モデルにおける、ベストプラクティス手法を用いた実証済の採用プロセスをご理解いただけます。

白書をダウンロードする→

節約効果を算出

実際の節約効果を生んだ過去の体験に基づき、SpirentはROI計算機を設計し、自動化を採用したことで得られるはずの節約効果をビジュアル化しやすくします。この計算機は、時間および費用の節約効果改善に必要となる主要な要素を含みます。現実に即した目標値を定めれば、計算機が結果を示します。

Get the results →

特徴およびメリット

Sessions
iTest Sessionsはほぼすべてのデバイス、ソフトウェアAPI、物理および仮想環境とやりとりするシンプルな手法を提供します。コマンドラインからウェブインターフェースに至るまで、洗練された試験スクリプトを作成するのは、手動試験と同様に、セッションを開いてXuTとやり取りするだけで済む可能性があります。
トポロジー管理
iTestのグラフィカルトポロジーデザイナーを使用して、Visio®に類似した図で試験ベッドを描け、試験の記述中にトポロジー内部のデバイスを参照できます。図は試験で使用される参照トポロジーを示し、実際のデバイスが実行時に割り当てられて完全に移動可能な試験を生成します。
統合
iTestは、ほとんどの連続統合ソリューションとアジャイル開発プロセスを含むほぼ全てのシステムと統合できます。iTestは、様々なアプリケーションのライフサイクル管理システムとの統合を実証されています。
機能
iTestはシンプルな試験を素早く、複雑な試験を簡単に生成できます。各試験は合否判定を含んでおり、結果のステータスをチェックするだけで試験が成功したかを判定できます。iTestはスクリプトが終了した時点で試験担当者に通知することもできます。
ツールサポート
iTestはほぼすべての試験ツールと統合します。iTestはSpirentからサードパーティのベンダーにいたるまで、広範な統合試験ツールを備えます。iTestはネットワーク試験業界で最も広範に採用されている規格団体であるNTAFに対応する唯一の試験自動化ソリューションです。

品質と自動化

Man thinking with his chin in his hand

低品質が採算に与える影響を最小限に留める唯一の方法は、積極的に対応して予防することです。そのためには、経営陣は考え方を変える必要があります。品質問題について学び、経営レベルから解決し結果を得るための方法をご覧ください。

試験の自動化実装

Two men and a woman looking at a white board

企業組織内にて試験の自動化ソリューションを統合する際に、いくつかの誤解が存在します。例えば、実装への障壁には試験の自動化が困難であり、高価で試験に関わる人員を削減するという理論があります。これは事実とは程遠い思い込みです。最新の、情報を充分に得た観点から自動化の戦略を評価してください。

Spirentの自動化ケーススタディ

icon

大手LTEサービスプロバイダーの試験を一元化し加速

ケーススタディを読む→

icon

大手ネットワーク機器メーカーの市場投入までの時間を削減

ケーススタディを読む →

icon

サービスプロバイダーのNOC構成(欧州)を加速

ケーススタディを読む →

icon

サービスプロバイダーのGPON試験(欧州)を加速

Read case study→

icon

可視性を高めるための性能試験

ケーススタディを読む →

icon

テストケースの再利用を通じて市場投入までの時間を短縮

ケーススタディを読む →

あなたのビジネスに合う製品をお探しですか?

お問い合わせ →