究極のクラウドインフラ評価ツール

Spirent CloudScoreは、バーチャルインフラやクラウドインフラの性能を評価・比較する業界初の包括的なベンチマークソリューションです。この優れたソリューションにより、業界標準的なベンチマーク試験を実施してクラウドインフラの構成部分(コンピューター、ストレージ、ネットワーク、アプリケーション、サービス)を点数化し、スコアカードを作成することができます。

機能

Monitoring icon
クラウドインフラのベースラインを設定し、OpenStack、VMware、AWSといった複数のクラウドを比較します
Monitoring icon
業界標準的なベンチマークテストのスコアを参照し、クラウドインフラの性能への影響を測定します
Monitoring icon
インフラのアップグレード前後、および複数のクラウドの合理化実行中の定期的な健全性チェック
 

クラウドを点数化

Spirent CloudScoreは、複数のクラウドインスタンス(プライベート、パブリック、ハイブリッド)の比較を可能にします。これにより、OpenStack、VMware、AWSを横断したさまざまなクラウドのデプロイのベースライン設定・ベンチマークに関する包括的な分析を行うことができるようになります。

詳しい情報のお問い合わせ →

クラウドをベンチマーク

Spirent CloudScoreは、さまざまな負荷やトラフィックモデルを測定し、既存のクラウドのデプロイを評価します。これにより、複数の設定を比較し、既存のクラウドインフラを監視したり、正常なインフラの状態を定義したりする、比較的なベンチマークを実施することが可能になります。

パンフレットを見る →

評価の高いクラウドベンチマークソリューション

Spirent CloudScoreは、複数のクラウドインフラの健全性を修正・比較することを可能にする包括的なソリューションです。Spirent CloudScoreがInterop TokyoでBest of Showという栄誉ある賞をいただくことができた理由をご紹介しましょう。

プレスリリース →

仕組み

Spirent CloudScoreは、高度に複雑な一連の長期・短期ベンチマークテストを、仮想インフラ内の指定のテナントスペース内で実施します。テストケースにはコンピューター、ネットワーク、ストレージ、メモリー、アプリケーション、サービス(LMbench、SPEC CPU 2006、Storage FIO、IPSL Sip、Cloud API性能など)が含まれます。試験エージェントが自動的に組織され、クラウドリファレンススコアとともに、インフラを合理化する方法に関する詳細なレポートが作成されます。そのため、次の試験時にはスコアを伸ばすことができます。

CloudScore Topology Diagram

推奨製品

Spirent Virtual

Spirent TestCenterの機能を拡張・補完し、VNF、vSwitch、NFVI、クラウドプラットフォームの性能を評価・合理化するソフトウェアモジュール。

Virtualについて →

Spirent CloudStress

仮想化されたアプリケーションをクラウド内で予測可能にすることにより、バーチャル・クラウドインフラのレディネスを実現。


CloudStressについて →

Spirent TestCenter Automation

ベストプラクティスを目指して設計されたSpirentの自動化ソリューションにより、標準的な試験の反復を回避。そのため、試験を一度実施すると、再利用でき、将来の試験を自動化することで、時間を節約することができます。

Automationについて →

あなたのビジネスに合う製品をお探しですか?

お問い合わせ →