中国聯通

NFV仮想化ミドルウェア

China Unicom and Spirent combined logos

仮想化はNFV (ネットワーク機能仮想化)を実現する重要な技術であり、これにより標準化された汎用ハードウェア装置が統合されたインターフェースと環境を上位レイヤーに提供できるようになります。仮想化ミドルウェアは汎用ハードウェア装置とアプリケーションとの間で実行され、物理ハードウェアに仮想化機能を提供します。物理ハードウェアの演算、ストレージ、ネットワーク通信リソースを保存し、仮想マシンおよび仮想ネットワーク(仮想ネットワーク機能—VNF)としてそれらをアプリケーションに供給します。

NFV技術の採用において、いくつかの重要な問題が解決されなければなりません。すなわち、仮想化ミドルウェアは通信産業のNFVにうまく適合するのか、仮想化ミドルウェアに関してNFVには具体的にどんな要件があるのか、そして仮想化ミドルウェアの技術と実装に関してどのように試験が実施されるのか、といった問題です。

このホワイトペーパーでは仮想化ミドルウェアに関するNFVの技術要件に加え、関連する測定基準と試験方法が論じられています。また、中国聯通の現行の実施状況と今後の計画を総合的に眺め、今後の発展の見通しを提供します。

確かな仮想インフラをあなたに


あなたのビジネスに合う製品をお探しですか?

お問い合わせ →